果たして自動車と金融商品のどちらの方が相場は大きく動くか

物の値段というものは、変動する事も多々あります。車の買取相場なども、その一つですね。刻一刻と変動している訳ですが、それと似ているものがもう1つあります。金融業界が提供している、一部の投資商品です。

金融商品よりは大きな値動きは発生しない車の相場

例えば外貨を用いる金融商品があります。もしくは株などもその1つですね。それらの金融商品の場合、かなり大きな変動が発生するのが特徴的です。
そして前述のように、車の買取相場も刻一刻と変動しています。「変動性がある」という意味では、車買取りと金融商品はよく似ている一面があるでしょう。
しかし両者には、決定的な違いが1つあります。その動く金額の大きさですね。基本的には金融業界における変動性の方が、車買取りに比べれば遙かに大きいと考えて良いでしょう。

最近私の知り合いが、ある金融商品で大きな損になってしまったようです。その知り合いの場合は、ある銘柄で売買をしていました。それで比較的大きなお金を動かしていたのですが、ある時かなり大きな金額が動いたのですね。その金額を見た時には、知り合いは仰天してしまったようです。なぜならその動きによって、知り合いの資金は半減してしまいました。精神的なダメージは、さすがにかなり大きかったようですね。
ところで車買取りの業界でそのような事が起きるかと申しますと、まずあり得ません。確かにモデルチェンジなどが発生すれば、車の買取相場が大きく動く事はあります。しかしその動きは、それほど早くないのですね。買取相場が確定するまでには、多少の日数がかかる傾向があります。1週間ほど経過しないと、金額が確定しない事もあるのです。
出典:プリウスを買取・下取りに出す前に!高額査定を引き出せ

ところが金融業界の商品の場合は、1週間どころか1日程度で大きな金額が動く事もあります。状況によっては、わずか1時間たらずで恐ろしく大きな金額が動く事もあるのです。わずか1時間で上記のような資金半減が発生する可能性を秘めているのが、金融商品の怖いところですね。
さすがに車の買取業界で、そこまで大きな資金が動く事はありません。基本的にはゆったりと動いていくと考えて良いでしょう。
またモデルチェンジに関する話が浮上したとしても、それで資金が半分くらいになるケースはやはり少ないです。車買取り店としては商売上の理由で「モデルチェンジで金額が大きく動く事があるので、決断は早くした方が良いです」などと強調している事も多いですが、それを過信しない方が良いでしょう。実際はそこまで大きな金額は動かないからです。

コメントは受け付けていません。